妊娠中の貧血対策には食事も重要!

妊娠中のお母さんは、お腹の中の赤ちゃんにまで血液を届けなくてはならないので、貧血になりやすいんです。妊娠中の貧血は、お母さんだけではなく、赤ちゃんにとっても負担の大きいものです。貧血によって十分に栄養が行き渡らないと、低体重になったり身体の弱い子どもになってしまう心配があるんです。一般的な貧血は毎日の食事に気を使う事で、ほとんど予防できます。赤ちゃんが元気に生まれて来てくれるように、食事に気をつけてしっかりと貧血対策をしましょう。

 

積極的にとりたい栄養素は?

貧血の予防には、やっぱり鉄分の補給が一番効果的です。鉄分の中でも、体への吸収が良いヘム鉄が多く含まれる食品を積極的に摂るようにしましょう。へム鉄は海草類やほうれん草、卵黄や煮干しなどに多く含まれます。鉄分が多い事で知られるレバーは、お腹の赤ちゃんにとってあまり良くないビタミンAも多く含まれるので、食べ過ぎには注意して下さい。果物や野菜などビタミンCを豊富に含む食品は、へム鉄の吸収率を上げてくれるので、献立の中に一緒に取り入れるのがおすすめです。
鉄分を意識して献立を考える事はとてもいい事ですが、それよりも大事なのが食事全体のバランスです。また、食事に気を使い過ぎてストレスになってしまうと、胃や腸などの体の機能が低下して栄養素を十分に吸収できなくなってしまうので、あまり無理をしすぎない事も大切です。出来る範囲で楽しく美味しく続けましょう。

 

妊娠中は避けたい食材って?

食材によっては、鉄分の吸収を妨げてしまうものもあります。一番気をつけたいのが、コーヒーや紅茶に含まれるタンニンやカフェインです。タンニンは鉄分と結合して、体に吸収しにくい形になってしまいます。コーヒーや紅茶を飲む時は、食事の前後30分は避けるようにしましょう。体に良い印象のある食物繊維も、実は鉄分を吸収しにくくしてしまう成分の1つなんです。デトックス効果が高いため、摂りすぎると鉄分などの必要な栄養素まで排出してしまう事があります。せっかく摂った栄養素を無駄にしないためにも、これらの食材は出来るだけ避けるようにして、貧血を予防しましょう。

 

妊娠中は葉酸サプリは欠かせない

妊娠中は、葉酸サプリは欠かせない栄養素です。
いろいろな種類の葉酸サプリがありますが、私のおすすめはコスパ抜群の「ララリパブリック葉酸サプリ」です。

 

ララリパブリックは、コストは安いのに配合されている栄養成分が豊富で安全性にも優れています。
ただし、ララリパブリック購入時は注意が必要です。

 

ララリパブリックは楽天で購入しない

 

ということです!