妊娠中の貧血はなぜ起こる?

妊娠前には何も異常がなかったのに、妊娠した途端めまいやふらつきなどの貧血症状が出ることはよくあります。また妊娠前に貧血だった女性の多くは妊娠中に貧血が悪化してしまいます。

 

多くのお母さんが経験しているのが妊娠中の貧血ですが、妊娠するとどうして貧血になってしまうのでしょうか。その原因は一体何でしょう。また貧血になってしまったとしたら、妊娠中でもサプリメントを飲んでも大丈夫なのか気になりますね。

 

どのような方法で、妊娠中には貧血対策をすべきでしょうか。

 

妊娠中に貧血になってしまう原因は何?

妊娠したお母さんの体の中では、赤ちゃんへ栄養や酸素を運ぶために血液が大量に作られます。すでに赤ちゃんがまだ小さい初期からどんどん血液は作られていき、妊娠後期には出産時の出血に備えて大量の血液が作られます。

 

貧血というのはこの血液全体の量のことを指すのではありません。妊娠中に作られる血液のうち血漿は最大で47%ほど増加しますが、赤血球は17%しか作られません。赤血球のほうが少なく血が薄まった状態になっているため、体は貧血になってしまうのです。この薄まって血液の機能が低下した状態で、お母さんと赤ちゃんの分の酸素と栄養を運んでいるため体には貧血の症状となって現れるのです。

 

これは異常ではなく妊娠中に当たり前のように起こることですので、お母さんは貧血対策をするために食生活などを見直していかなくてはいけません。

 

妊娠中に貧血になってしまったらどうしたらいい?

たかが貧血とほっておくと、自分ばかりではなく赤ちゃんにも酸素や栄養が十分に届かなくなってしまいます。

 

また貧血の状態で出産することは、出血量が増えて血の止まりが悪くなってしまうため危険も伴います。妊娠中の貧血は妊娠中に対策しなくてはいけません。症状がひどい時には産婦人科で鉄剤などを処方してもらうことも出来ますが、普段から意識的に食事の中で鉄分をしっかり摂っていかなくてはいけません。

 

葉物野菜、レバー、あさり、ひじきなど鉄分を含む食材と、吸収を良くするためにタンパク質や梅干などのクエン酸、血を作る効果を助けるビタミンCなどと一緒に摂ることが大切です。