妊娠中の貧血にはどんな症状があるの?

妊娠中、約半数の方が貧血になります。たかが貧血と甘く見ていませんか?実は貧血症状が続くと、赤ちゃんの発育に遅れが出たり母乳の出が悪くなったりと様々な悪影響を及ぼしてしまいます。しかし、日頃の食生活を見直し鉄分を摂取することで貧血対策が可能です。

 

ただ鉄分の多い食材を摂取すれば良いというわけではありません。鉄分を多く含む身近な食材や、摂り過ぎて悪影響を及ぼしてしまう栄養素など、合わせて紹介していきます。

 

もしかしたら貧血かも?

妊娠中はなぜ貧血が起こりやすいのでしょうか。赤ちゃんは、ママの血液から酸素や栄養など必要なものを貰って成長しています。
そのため、ママは自分と赤ちゃんの両方に血液を送らなければいけないため、妊娠中は多くの血液が作られます。しかし、赤血球の量は増えないため、血液中の赤血球の濃度が減ってしまい貧血が起こるのです。

 

貧血が起こると疲れやすくなったり、少し動いただけで息切れがしたり、頭痛や朝なかなか起きられないなどの症状が現れます。妊娠中期以降になると、初期に比べて強く貧血症状がでるため比較的気づきやすいのですが、もともと貧血気味の方は変化に気づかないことも多く、血液検査などで分かることもあります。

 

貧血になると赤ちゃんへの影響はもちろん、ママの体にも悪影響を及ぼすので、早めに対策・改善していくことがポイントです。

 

貧血の予防と対策

貧血対策といえば、やはり鉄分を摂取するというのはみなさんも知っていると思います。ただたくさん鉄分を摂取すれば良いというわけではありません。

 

貧血といえばレバーというのは有名ですよね。しかし、レバーを毎日摂取するのは良くないとされています。その理由は、レバーの中には多くのビタミンAが含まれており、このビタミンAを摂り過ぎるとお腹の赤ちゃんに害が生じるからです。目安としては、週に1回くらいで大丈夫です。

 

レバー以外にも、牛肉の赤身や青魚、卵やほうれん草、小松菜やひじきなど鉄分を多く含む食材は数多くあります。汁物に野菜を入れるなどして、あかちゃんとママのためにも上手に摂取し貧血対策しましょう。